三重町市場ストーリー「絵本パレット」


まちの小さな博物館 里の旅ものがたり館「あっそうか!」は140年前(明治10年)建築の登録文化財・麻生家住宅を再生活用し、昨年(平成29年)6月27日開業しました。1階は絵本屋、2階は(遊ぶように学び・学ぶように遊ぶ)遊学ボランティアという有志により、地域の歴史や文化を学び、町の未来を語り、行動する拠点として活動しています。

この間、140年前の古民家と絵本屋の組み合わせが斬新なこと。遊学ボランティアによる活動が活発なことなどにより、(まだまだ不十分ではあるものの)市内や県下各地をはじめ九州広域、また全国各地から来館者がみえています。

今回この「あっそうか!」で有名絵本「ノンタン」フェアを開催することになり、それがキッカケで町と絵本(ノンタン)で、「未来的な『ものがたり』を奏でる試みを始めよう!」 ということになりその名を、三重町市場ストーリー「絵本パレット」と名付けました。

「#私の1ページ」で『私の1ページ』に特製絵本をプレゼント

協力店舗でノンタンポイントを見つけたら、インスタグラムイベント ハッシュタグ「#私の1ページ」をつけて投稿。
いいね獲得上位者30名の方に特製絵本をプレゼント‼
特製絵本の制作は「#私の1ページ」から選定された『私の1ページ』を編集しストーリー仕立てにして、別途デザインされます。

<主  催>
三重町市場ストーリー「絵本パレット」実行委員会/一社・ぶんご大野里の旅公社
<協  力>
JR九州・偕成社・日本文理大学・ものがたり観光行動学会・大分銀行・フェリーさんふらわあ
<後  援>
豊後大野市商工会・豊後大野市・豊後大野市教育委員会・大分県豊肥振興局・他
<ワークショップ連携>
日本文理大学【環境・地域創生コース・地域マネジメントコース】・ 早稲田大学【箸本研究室】・ 追手門学院大学【成熟社会研究所】・ 九州産業大学【地域共創学部・髙橋研究所】